耳鳴りによって受けるストレスはとても大きいものとなっています

症状の原因

症状を起こす原因となるもの

耳鳴りは音がしていないにも関わらずキーンという高い音や虫が鳴くような低い音が耳の中で聞こえる症状です。 耳鳴りは主に自律神経のバランスの乱れによって起こる事が多く、加齢や睡眠不足、ストレス等が大きな原因となります。 その為耳鳴りは老若男女問わず起こる症状ですが、特に更年期の方に起こりやすい症状です。 耳鳴りはめまいを伴う事が多い為不快感はあるものの、一時的なものが多く耳鼻科で診て貰っても異常が見つからない事が多いですが、耳鳴りの原因の多くは耳以外にある為頻繁に発生する場合放置しておくのは危険です。 耳鳴りは精神的に疲れている時に多く起こるものなので症状を感じたら十分な休息をとって心身ともにリフレッシュする事で多くの場合は良くなりますが、中には別の原因から発生している場合もある為注意が必要です。 突発性難聴や血行不良が原因の場合も多く、その際には別の対処をする必要があります。 稀に脳腫瘍が原因で起こる事もあるため、たかが耳鳴りと思って軽く考えずにしっかりとした対処をする必要があります。

改善するために必要な処置

耳鳴りは日本人の10%〜20%の人が感じていると言われるほど頻繁に起こる症状で、特に高齢者に多く起こるとされており、日本人には非常に身近な症状であると言えます。 その為軽く扱われがちな耳鳴りですが、めまいや強い不快感を伴う非常につらい症状でもある為、早めの対処が必要です。 ストレス等が原因の場合にはゆっくりとした休息をとることが一番の治療法です。耳の穴付近にある聴宮や耳たぶの後ろにあるえい風といったツボを押す事も効果的です。 血行が悪い場合には適度な運動や入浴によって体を温める事によって改善される事があります。 医療機関やドラッグストア等で入手できる葛根湯という漢方薬は服用する事で血流を良くする事が出来、耳鳴りに対しても高い効果を発揮する事で知られています。